キャッシング審査

キャッシング審査に通るには!キャッシング・カードローンの借り方・返し方

審査に通らなければ始まらない

即日融資、低金利、高限度額、無利息期間など、キャッシングやカードローンではさまざまなサービスを提供しています。しかし、これらを実際に利用するためにはまず審査に通る必要があります。審査の厳しさは、大まかに言えば条件に応じて違いがあります。

 

例えば、低金利・大口融資に対応している銀行カードローンは、条件は良いものの審査は厳しくなり、逆に高金利・小口融資としている消費者金融は、審査通過率が高くなっています。

 

しかし、各金融会社によって可否を出すための最終的なポイントはそれぞれ違うので、通過率が高いところでは審査に落ちたのに、通過率が低めなところでは通った、ということも起こります。つまり、通過率はあくまで目安であり、高いからといって確実に通れるというわけではないのです。

 

審査に通るために必要なものは、自分の状況に問題がなく、提示されている条件を満たしているかがポイントになってきます。せっかく申込んでも、審査に落とされないように事前にしっかりと確認や準備をする必要があるでしょう。

 

 

各金融会社の特徴を調べる

金融機関ごと、つまり銀行と消費者金融などでは審査の厳しさに違いがあります。さらに、各銀行や各消費者金融ごとでも、審査に通るためのポイントが少しずつ違います。しかし、どのように違うのかは申込む側にはわからず、また審査結果を問わず教えてもらえることもありません。

 

そのため、分かる範囲で確認と準備していく必要があります。

 

銀行の特徴

銀行カードローンは、そのほとんどが低金利で大口融資が可能、また最低でも100万円以下の借入であれば収入証明書が不要など、条件が非常に良いため、審査は厳しく設定されています。ただ、全ての銀行カードローンが厳しいかと言うとそういうわけではなく、中には比較的緩いものもあります。

 

例えば、オンラインバンクなどのように、実際の店舗がなく、維持・管理費や人件費が抑えられるため低金利を実現できているというケースもあります。銀行といってもその厳しさには幅があると言えるでしょう。

 

消費者金融の特徴

基本的には金融機関の中では最も審査が緩いとされており、審査も銀行に比べればはるかに通りやすくはあります。しかし、それも条件を満たしていればの話です。条件を満たしておらず、また過去に問題を起こしている場合は、当然ながら審査に不利になります。

 

また、各消費者金融でポイントとなる基準が少し違うということも、覚えておかなければなりません。通過率が高いところで申込んでも、その消費者金融で重要視しているポイントに問題があれば審査には通りません。

 

上記は、銀行と消費者金融の審査の厳しさにおける特徴を簡単に説明したものです。審査では細かな審査項目が確認され、その人の信頼性や信用性、返済能力などを調べて審査結果を出します。審査項目自体は、どこでも同じようなものを利用しますが、それがどのように影響するか詳しいことは伏せられています。

 

また、問題があったとしても、どこに問題があったかなどは教えてもらうことはできないので、自力で見つけ出していくしかありません。

 

しかし、それでも全くヒントがないわけではありません。金融機関が融資するに当たり、最も重要視しているポイントは共通して「返済能力があり」、「信頼性が高い」ことです。もちろん、これだけが全てではありませんが、この二つのポイントを阻害する、あるいは障害となるような要素をなくしていけば、審査に通る可能性は上がっていくでしょう。

 

全金融会社に共通する重要視されるポイント

金融会社が、申込者に求めている条件は多くありますが、その中でも「返済能力」と「信頼性」は特に大きなポイントとなります。高額・少額に問わず、お金を融資する、つまり貸すのですから、相手が借りた分に加え利息分を毎月欠かさず返済できる能力を有しているかというのは非常に重要になります。

 

また、その能力を持っていても、責任を持って最後まで支払うことができるか、信頼のおける相手かという部分も満たしていなくてはなりません。どちらか一方でも低い評価を受けると、融資してもらうことは難しくなります。

 

返済能力とは何か?

借りたお金を毎月問題なく支払うことができるだけの収入があるかが返済能力の大きなポイントです。ほぼ全ての金融会社が、申込条件に「安定した収入」を記載しているのはそのためです。年収の金額が大きい方が有利だと捕らえられがちですし、事実評価は高くなりますが、返済能力を測る場合は収入の安定性のほうが重視されます。そのため、毎月安定した収入があればパートやアルバイト、派遣社員などでも、キャッシングを利用することが可能なのです。

 

信頼性を測る要素とは?

信頼を得るにはどうすれば良いでしょうか?誰かと知り合い、信頼を得るにはその人とよく付き合い互いを知る努力が必要です。しかし、消費者金融や銀行ではそのプロセスを踏むことはできません。そこで金融会社が利用するのが、個人信用情報機関に記録されている情報です。

 

そこには、今まで利用した金融会社の利用・返済履歴などが載っており、問題を起こしていないかなどを調べられます。今までに金融商品を利用したことがない方は、申し込むときに記入した情報や本人証明書類、在籍確認などでウソをついていないか、所在がしっかりしているかなどを調べて、信頼できるかどうかを判断されます。

 

パートやアルバイト、派遣社員でも安定した収入があれば年収が低くても問題ないとはいえ、極端に低いのはさすがに評価が落ちてしまいます。できれば、年収100万円ほどはあったほうが、全体的な評価は安定するかと思われます。また、消費者金融を利用する場合は、総量規制が関わってくるので、年収があまりに低いと限度額がかなり低く設定されてしまいます。

 

キャッシング審査に通ることは大前提ですが、それで自分の希望が全く通らないのは本末転倒です。うまくバランスが取れるよう、金融会社選びや自分の状況の改善などを行うことも考えておきましょう。

 

基本は1社を長期利用

キャッシングや銀行カードローンは、何度も繰り返し使えるものですが、人によっては減額いっぱいまで利用してしまい、お金が足りなくなることもあるでしょう。そして、限度額を増やそうと別のところからお金を借りるという方法をとることも少なくないようです。しかし、そういった使い方は大きな問題を抱える原因となります。なぜ複数の会社から借りると問題になるのでしょうか?

 

複数社から借りると起こる問題
複数社から借りると、それだけ管理が大変になります。返済日や返済金額が違うため、いつ、どこに、いくら支払ったのかが分からなくなる可能性が高く、一方では多めに払ってしまったり、もう一方では支払いを忘れて延滞してしまったりすることもあります。

 

管理の難しさの他、複数社から借りているとそれらを利用して返済を行なっている可能性があるとして、信頼性が下がることがあります。その後の新規借入が非常に難しくなり、本当に必要な場面でお金が借りられない、例えば、住宅ローンが組めないといったことも起こります。

 

それだけでなく、完全に返済することができなくなる可能性も非常に大きく、債務整理や自己破産といった手続きを取らなくてはならなくこともあります。

 

限度額を上げたいなら増枠してもらう

現在使っている1社を長期利用することを考えましょう。限度額が足りないと感じるなら、限度額の増枠をすることができます。増枠は大体6カ月ほど利用していると可能になり、返済を延滞するなどの問題を起こしていなければ、応じてもらえます。金額が上がるにつれ、金利も低下していくので新規借入で小口融資を受けるよりはるかにお得で、返済日もそのままなので管理が難しくなることもありません。

 

しかし、一回の増枠でいくらでも追加できるわけではなく、多くても10万円程度です。また、消費者金融を利用している場合は総量規制があるため、年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。また、返済金額が増えるので、再度返済プランの見直しを行う必要があるでしょう。

 

1社を長く、問題を起こさずに使っていると、全く借入がない状態の人より信頼性がかなり上がり、今後の審査でも有利になります。とはいえ、住宅ローンなどを組むときは、何も借りていない状態のほうが有利になるので、申込む前に完済・解約をしておいた方が良いでしょう。